光里(hikari)☆Works

レイキとハーブでストレスケア☆頑張る女性を応援するHikari☆WorksのCHIKAKOのブログ

アロマを使う時の注意点☆光感作用(光毒性)について

こんにちは☆

光里(hikari)☆WorksのCHIKAKOです。

 

今日は関東地方はこれから、

台風の影響で雨模様の様子・・・

あなたがお住まいの地方はいかがでしょうか?

 

今回の台風もかなり大きい猛威ふるっています。

特に夜、

風や雨が強い時間帯は、

外出は控えて、

出来るだけ安全な建物の中に避難されてくださいね☆

 

さて。

今日はそんな台風とは。

 

全く関係無いかも?しれませんが、

アロマオイル(精油)を、

使う際に気をつけていただきたい、

光感作用(光毒性)についてです。

 

最近はイベントでも、

精油をご紹介したりすることも多いのですが、

特に柑橘系の、

ライムや、

爽快な気持ちになるベルガモット

そして心がホッコリするオレンジ系は、

とても人気の香りですよね(^^)

 

今回お話しする光感作用は、

そんな柑橘類のアロマで注意していただきたい、

光感作用の注意点☆

 

光感作用とは、

文字通り光の日光に当たることで、

皮膚などに出るアレルギー的反応のこと。

 

これは柑橘系の精油でも、

何種類か反応が出てしまう種類があり、

 

ライム

オレンジ(スウィートよりもビターの方が出やすい)

レモン

ベルガモット

 

などが反応する精油にあたります。

 

精油でも、

レモンではフロクマリン類や、

ベルガモットならベルガプテン、

など、

成分の違いはありますが。

 

特に日中のお出かけ前には、

お肌に塗って出かけたりというのは、

避けたい精油です。

 

お肌に塗って毛細血管に入り、

全身に成分が行き渡ると、

塗っていない身体のどこかに紫外線を浴びても、

反応が出ることもあります。

 

反応が出ると、

皮膚の炎症跡やシミという形で、

身体に残りやすいですから、

日中外出前の使用は充分気を付けましょうね☆

 

また購入の際には、

精油から光毒性に反応する成分を、

取り除いた商品もあります。

 

間違って使ってしまいそうだわ(--;)と、

気になる貴女は、

購入の際に、

ショップスタッフさんとご相談の上、

お選びいただくことをオススメします☆

 

せっかく手に入れた、

お気に入りの香りですもの✨

 

ちょっとした注意点を意識して、

楽しく使ってくださいね💕

 

CHIKAKOでした☆